顎ニキビが痒い!原因と治し方

 

顎にできたニキビが痒い!という経験をしたことがある人は
多いのではないでしょうか。

 

そんな時つい掻いてしまいがちですが、
それはニキビの治りを悪くする原因になります。
それどころかニキビの炎症を引き起こし悪化させてしまうことも考えられます。

 

顎ニキビが痒くなる原因を知って、正しい対策をしていきましょう。

 

顎ニキビが痒い!その原因とは?

 

 

乾燥による痒み

 

痒みのほとんどが“乾燥”によって起こります。肌が乾燥することによって肌のバリア機能が低下し、
ちょっとした外部からの刺激でも痒みを感じるようになります。
髪や衣類が軽く触れただけなのに強い痒みを感じるなど…
経験したことがある人もいるのではないでしょうか。

 

乾燥の原因には次のようなものがあります。

  • 洗顔のし過ぎ
  • 保湿不足
  • 肌に合わない化粧品
  • 湿度の低下

 

雑菌の繁殖による痒み

 

顎は手や衣類が触れやすい場所です。
無意識に触れたところからニキビに雑菌が繁殖し痒みを生じる場合もあります。

 

顎ニキビの痒みを治す方法

 

 

上記の原因を踏まえて、痒みを根本的に治す方法を実践していきましょう。

 

正しいスキンケアをする

 

洗顔の時にゴシゴシこすり過ぎると肌に必要な油分まで落ちてしまい乾燥がひどくなってしまいます。
洗顔料を優しく泡立て、泡で汚れを浮かすように洗いましょう。

 

化粧水をつけるときもゆっくりと成分を浸透させるイメージで軽く押しつけるようにつけていきます。
そうすることで肌に刺激を与えずに保湿することができます。
化粧水をつけた後も肌が突っ張る感じがあるなら保湿が足りていない証拠です。
化粧水を重ねづけするか、保湿力の高いものを使いましょう。

 

ニキビができている場合は皮膚が分厚くなり美容成分が浸透しにくくなっている状態ですので
浸透力の高い化粧水を選ぶと効果的です。

 

肌を清潔に保つ

 

肌に触れる手や衣類などは常に清潔にしておきましょう。
触れたときに雑菌が繁殖するのを防ぎます。
また寝具も顎に触れやすいです。なるべく肌触りのいいものを使用しましょう。

 

痒みを感じたときは○○○で解消する!

 

正しいスキンケアや雑菌の繁殖を防ぐことで痒みを感じにくくできますが、
これらは痒みをなくすための根本的な解決方法です。

 

では痒くなってしまったときはどう対処すればいいのでしょう?

 

それを解決するのが“保冷材”です。
痒みは冷やすことで和らげることができます。
外出中は冷たい飲み物などで代用するといいですよ。
痒くて掻いてしまうと痒み成分が増してさらに痒くなるという悪循環に陥ってしまいます。
ニキビを早く治すために、なるべく掻かないように工夫していきましょう。

 

普段の習慣が痒みをなくす

 

顎ニキビも痒みもすぐにはなくなりません。
ですが普段のスキンケアや習慣でなくしていくことは可能です。
正しい洗顔と保湿はすぐに実践できると思います。

 

保湿がしっかりできる化粧水なら「リプロスキン」がおすすめですよ。
ニキビの炎症を抑え、バリア機能を高める成分も配合されているので
痒みの軽減も期待できます。
ぜひ試してみてくださいね。